ブログ

2011-12-16 00:51:53

恩返し。

もう12月もあと半月。砂時計
時間が経つのが早いのは私が年をとった証拠でしょうか??べーっだ!

今年の春に前の会社を退職して、
私はついこの間まで約半年間、湘南でcafeのお手伝いをしていましたコーヒー

そのオーナーとは私が約10年前にバーテンダーとして生きていくと決めた時、
店長としていろいろと教えてくれた

いわば、

恩師」なんです。

20代前半で勝気だった私は、
相手が誰だろうが、「こいつには負けられない」という闘争心むき出しで
働いていました。プンプン

良く昔の先輩方に再会する機会があるのですが、
みなさんが口をそろえて言うのが、


「おまえは本当に昔は生意気だったよなむっ~」と言われていますあせる

それはやはり面倒な人間ですよね…。

そんな自分にその恩師は、
嘘のない素直な愛情を注いでくれました。虹



ありがとう。」
「ごめんなさい。」
「大丈夫。」




私はそんなに自分を隠すことなくまっすぐに私にぶつかって来てくれた人は
今までいなくて、
最初は戸惑いましたが、毎日毎日一緒に働いて


「人は一人では生きていけない。」クローバー

ということを。

「人に感謝することを。」

教えてくれた人なんです。流れ星

それから私は自分の人生観が180度変わりました。時計

そんな人が昨年末にcafeをオープンしたんですが、
手が足りなくて困っていたんです。

私はこの時、
「何の迷いもなくお手伝いを依願しました。」


「今がこの人に恩返しするチャンスなんじゃないか」って。

そんな幸せな半年を過ごして、奥様もお店に出てくることが出来るようになったので
私はニコニコお役御免

ということでお店から離れることにしました。しょぼん

今の時代は
そんな非合理的な事を肯定してくれる風潮ではなくなってきた気もしますが、


やっぱり
「人は人に支えられて生きている」と

思えた時間でした。クローバー -----