ブログ

2011-03-04 18:01:29

ヒストリー ~2~

今日はというか、冬が明けていない…ガーン寒さですよね

私は夏生まれなので冬はちょっとショック!

この間の続き。

高校の通学途中にあった

おしゃれなイタリアンレストラン。イタリアの国旗


軽い気持ちでバイト募集の電話をしてみたら…。

実際はすごいプロフェッショナルのオーナーシェフ。目

一流しか認めないといったこだわりを持った人でした。

軽い気持ちで行った自分をすぐ後悔の念が波押し寄せてきました

毎日オーナーの叱咤の嵐。雷

1日を乗り越えることで精いっぱいでした。時計


そんなある日。


普段は絶対遅刻をしない私。

疲れてていたのか。10分の遅刻叫び

その日はそれから最悪のミスを起こしてしまうんです。

カップルで来ていた2人には楽しみに料理を待っていてくださって、私も調理にショック!追われる。

そして。

カップルなのに彼の方にだけ先にパスタを作ってしまったんです。

2人で食べようと待っていたところに10分遅れて彼女のパスタが到着。

オーナーは大激怒!!雷

「お前、辞めちゃえよ!」

普段なら厳しい言葉も教訓と思えたんですが、何故かその日は若気の至りで

言ってしまったんです。


「はい。辞めます。」って。


全てが終わった気がしました。


そして最後のお客様である1人の年配の女性がオーナーに

「お料理、おいしかったですよ。どなたが作ってんですか?
お礼を一言言いたくて。」とおっしゃっていました。

その時。



この続きはまたニコニコ次回

-----